お問い合わせ

〒925-0054

石川県羽咋市千里浜町カ1-20

 羽咋勤労者総合福祉センター内

 

 公益社団法人

 羽咋市シルバー人材センター

 

 TEL   (0767)22-2700

 FAX   (0767)22-7306

E-mail hakui@sjc.ne.jp

お問い合わせ、ご要望、ご意見は

こちらへ

https://ssl.form-mailer.jp/fms/96896a20215435

シルバーだより第58号と安全だより第6号を発行しました。

← menuの「シルバーだより」、「安全だより」から入ってご覧ください。

自然栽培米の〝稗取り(除草)〟作業     9月13日(水)

 昨年、自然栽培米のお米作りに挑戦して、今年は2年目。約3ヶ月前に田植えをした稲は、暑い暑い夏を乗り越えて、すくすくと順調に生育しています。

 雲ひとつない秋晴れの今日は、朝から男性3名、女性4名が、除草作業に入りました。

 暦の上ではもう秋!とはいうものの、みな額に汗して、稗草取りをしていました。

 左の写真は、10時の小休憩を終えて、作業再開の前のひとコマです。

 「美味しくなーれ!、美味しくなーれ!」

                        収穫は今月末の予定です。

「道の駅のと千里浜」にアールスメロンを出荷! 8月8日(火)

 シルバーeco農園で栽培した高級メロンの代表格、〝アールスメロン〟を「道の駅のと千里浜」で販売始めました。

 朝の開店前にメロンの納品に訪れた林由喜雄グループ長(写真)は「会員が技術と知識を習得し、安定して収穫できるようになってよかった」と喜んでいます。

 今、お買い求めいただければ、お盆のころには〝食べごろ〟になります。

 お値段も市価より抑えております。

 ご来店をお待ちしておりま~す!

 

「羽咋まつり はまぐり踊りパレード」に出場  8月5日(土)

 シルバーの会員・役職員有志(多数!)が、今年も「羽咋まつりのはまぐり音頭踊りパレード」に出場、夕暮れ時のパセオ通りを踊り流しました。

 一昨年、当センターの普及啓発委員会(高野敬学委員長)が「お揃いの法被を着て、パレードに参加してシルバーの名前をPRしよう!」と提案したのがきっかけです。

 今年で3度目の出場です。

 昨年は、思いもかけず「ベストパフォーマンス賞」をいただき、賞品のスーパードライビールを参加者で分け合いました。

 さすがに2年続けての受賞はないとは思いながらも、皆、生オケの「はまぐり音頭」に合わせて羽咋の夜を踊りました。 

「羽咋市シルバー人材センター」と書かれた赤いうちわは、主催者が用意してくれたものです。菅野守二理事長の先導により、シルバーチームは踊り流しました。

~ 出場した皆さんの記念撮影 ~

「来年も踊りましょうね~」と、にこやかな皆さん。この後、参加賞の「500円券」をいただいて、さっそく屋台で美味しい焼きそばやビールを買い求めていました。

アールスメロンを収穫しました!        8月3日(木)

 当センターeco(エコ)農園班が栽培している〝アールスメロン〟を収穫しました。

 5月連休明けに植えた苗を毎日、毎日、大事に大事に育てました。

 収穫時に糖度計で測ったところ、糖度は13度! この後、数日間の熟成期間が過ぎれば、甘みはさらにアップします。

 郷土いしかわの誇る高級メロン、〝アールスメロン〟をぜひご賞味ください。

 千里浜インターそばの「道の駅のと千里浜」と「JAグリーン羽咋」でお買い求めいただけます。

 写真左のハウスの中で、会員が丹精込めて作ったメロン、約400個を収穫しました。

 ハウス栽培のメロンは、1時間ごとに温度管理が必要と言われるくらい手間暇がかかります。

 21名の会員が交替で作業に出ました。

 平成27年の初挑戦以来、小田桐悌二先生(かほく市)に営農指導をしていただいて、今回で5作目となります。

※年2回、春植えと夏植えのメロンを栽培しています。

本日「道の駅のと千里浜」開業しましたーッ!  7月7日(金)

 羽咋市が地場産業の発展と地域振興のために千里浜ICそばに建設していた「道の駅のと千里浜」が本日、盛大にオープンしました。

 当シルバー人材センターもeco農園班(北出芳憲班長)が丹精込めて作っている野菜を通年で出荷します。減農薬や無農薬で作った安全・安心なeco野菜です。

 今日は、さっそく会員や職員が”買い物”に行って、ささやかながら売り上げに貢献してきました!

 満を持しての開業初日ということもあって、たくさんの来場者でごった返していました。

 屋外では、様々なオープニングイベントも催されており、仮設テントも人、人、人であふれかえり、活気にあふれていました。

 当センターは、わずか徒歩1分の距離にあるため、日曜日までの3日間、臨時駐車場になっています。

 この週末は、多くの皆さんにご来場いただきたいものです。

正面の特設会場では、多くのお店が特別出店していました。

新鮮な岩牡蠣(いわがき)やカレー、クレープ、バルーンアート、などなど、、、。

レストランの開店直前だったので、長蛇の列。手前のフリースペースでは、ジェラートを食べる人、オリジナルブレンドコーヒーを飲む人たちで、これまたのチョーにぎわい空間でした!

子供たちに美味しいスィートコーンを食べて欲しい~ッ!

 7月4日(火)早朝、eco農園班の北出班長はじめ多くのメンバーがスィートコーンの収穫作業をしました。

 収穫したスィートコーンは、羽咋市内の学校給食に提供されるもので、参加した会員は「子供たちに美味しいスィートコーンを食べてほしいネー ○(^○^)○!」と手際よく皮むき作業をしていました。

 今回納入されたスィートコーンは約320本、品種は「ゴールドラッシュ」で、ビニールハウス内で会員が丹精込めて作りました。粒は大きく甘く、生でも食べることができる品種です。

 作業にあたった石野喜久雄Aグループ長も上々の出来に満足げな表情でした。

 このスィートコーンは、明日7月7日(金)にオープンする「道の駅のと千里浜」でも販売いたします。

 とっても美味しいので、ぜひ皆さんにもご賞味いただきたいです!

 この週末は、千里浜に「来んちまー!」 (訳:おいでよー) 

 粒を傷つけないように丁寧に皮をむいています。早朝は大雨だったので、収穫したスィートコーンをセンターの作業場へ搬入し、皮むき作業をしました。

 酒井前常務理事(上の写真左)は、長年、行政で農業部署に従事した経験を買われ、7月にオープンする「道の駅のと千里浜」の「出品者協議会」の会長に就任したばかりです。

大きく立派な玉ねぎを収穫しました!    H29年6月6日(火)

 6月6日(火)、午後1時半からシルバーeco農園(羽咋市宇土野町)で玉ねぎの収穫をしました。

 昨年10月に約4,000本の苗を植えたものが、今、見事なまでに大きく成長したもので、収穫した玉ねぎは、7月にオープンする「道の駅のと千里浜」などで販売します。

 シルバーでは、栽培にあたり石川県から「エコ農業者認定」【認定番号1808号】を受けており、消費者の皆さんに「安心・安全」な玉ねぎをお届けいたします。

「ほーら、見てみんちまー、大きなったやろー  ○(^○^)○ 」

無農薬・無肥料の自然栽培米の田植えをしました! 6月5日(月)

 6月5日(月)、午前9時から自然栽培米担当の会員はじめ関係者が参加して、市内宇土野町の田んぼで、自然栽培米の田植えを行いました。

 羽咋市は、安心・安全な自然栽培農業を推進し、来る7月7日に千里浜ICすぐそばにオープンする「道の駅のと千里浜」では、自然栽培や有機栽培、減農薬栽培などの農産物を販売します。

 当センターとしても、無肥料・無農薬のお米や野菜を生産し、「道の駅」に出品していきたいと考えています。