お問い合わせ

〒925-0054

石川県羽咋市千里浜町カ1-20

 羽咋勤労者総合福祉センター内

 

 公益社団法人

 羽咋市シルバー人材センター

 

 TEL   (0767)22-2700

 FAX   (0767)22-7306

E-mail hakui@sjc.ne.jp

お問い合わせ、ご要望、ご意見は

こちらへ

https://ssl.form-mailer.jp/fms/96896a20215435

雪吊り作業に大忙し!             11月21日(火)

 ここ数日来、雨&風のため屋外作業が滞っていましたが、今日は久しぶりに天気に恵まれました。
 市内大町のお客様宅では、柳浦靖さんをリーダーに、村田穂さん、國田吉博さん、井上俊治さんが雪吊り作業をしていました。時折、雲間から陽が射す中、4人は縄を一本一本ていねいに枝に縛っていきました。
 雪吊りといえば、その円錐状の美しさで有名ですが、北陸特有の水分を含んだ重い雪から庭木を守るためには、雪吊りは欠かせません。今日も市内のあちこちでシルバー剪定班が雪吊り作業に精を出しています。
 この雪吊り作業が終わると、ようやく剪定班は正月準備です。

満員御礼! シルバーフェスタ無事終了しました。 11月19日(日)

 今日は年に1度の「シルバーフェスタの日」

 平成22年にスタートして以来、第10回を迎える今年は、その名もこれまでの「シルバーサロン」から「シルバーフェスタ」に改め、気持ちも新たに会員一同、数ヶ月前から準備に余念がありませんでした。

 ここ数日来、あいにくの空模様でしたが、今日は多数の皆様にご来場いただき、先ほど無事終了いたしました。
 アトラクションコーナーでは、毎年、市内の幼稚園や芸能団体さんにご出演いただき、イベント盛り上げにひと役買っていただいています。
 今年のご出演は、千路町の越路野子供登龍太鼓、こすもす保育園鼓笛隊、羽咋市芸能協会から志泉会、そして三条流うす由紀の会の皆さんです。
 まず最初は、越路野子供登龍太鼓の勇壮な太鼓演奏です。赤×白×黒の鮮やかなコントラストの法被をまとい、威勢良い声とバチさばきに観客は圧倒されていました。
 次は、こすもす保育園の可愛い園児の皆さんによる鼓笛隊演奏。一昨年の出場に続いて今回は2回目です。お揃いのユニフォームで演奏する愛らしい園児の姿に観客の皆さんは微笑みながら聞き入っていました。
 そして、次は羽咋市芸能協会の志泉会、三条流うす由紀の会の皆さんによる踊りです。それまでの子供さんの演技とは打って変わって、着物姿で情感豊かに一曲、一曲踊る姿に観客の皆さんは魅了されていました。

楽しい時間はアッ!という間に過ぎていきました~ (o^o^o)

 あいにくの天気でしたが、市内のみならず金沢や七尾からもたくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました。

いよいよ明日はシルバーフェスタ!  前日の準備 その2

【実況中継!】
    爆音:ドッカーン!!!
アナウンサー:いま、爆音とともに白煙が上がりましたーッ!
       そして、辺り一帯には香ばしいアマぁ~い香りが漂っています!
       いったい何が起こったのでしょうかァーーー  (o^o^o)?
・・・・・
答え:ポン菓子作りです。
・・・・・

シルバーフェスタでは、毎年、ポン菓子コーナーが大盛況です。
材料は、お米、大豆、マカロニの3種。ほんのり砂糖味の素朴な味は、年配の方には懐かしく、また小さなお子さんたちには、食品添加剤の一切入っていない安全・安心なお菓子として大好評です。
山口芳清さんと藤澤勲さんの〝ベテランコンビ〟が、明日の本番に備えて試運転をしました。
試作1回目から、いきなりの〝100点満点〟の出来栄え!
出来立てホヤホヤのポン菓子を頬張りましたーッ!

「山口さーん、藤澤さーん、ぐっじょぶ!」 (o^o^o)!!!d

爆発1秒前!!!  間もなく藤澤さんの一撃が!
爆発1秒前!!!  間もなく藤澤さんの一撃が!
やったぁー!
やったぁー!
山口さん、鍋で砂糖をグツグツと煮詰めています。
山口さん、鍋で砂糖をグツグツと煮詰めています。
マカロニも1回目で美味しく仕上がりました。
マカロニも1回目で美味しく仕上がりました。

いよいよ明日はシルバーフェスタ!  前日の準備 その1

 今日は、eco農園班のメンバーが早朝から白菜の収穫作業をしました。
 班長の北出芳憲さんはじめ露地栽培グループ長の川浪さん、A棟グループ長の石野さんなど十数名が、昨夜からの冷え込みをものともせず、アメニモマケズ、カゼニモマケズ!

白菜100個余りを収穫、土のついた葉っぱをとり、見栄えよく整えていました。...
10時の小休憩では、熱~いお茶とお菓子と楽しいお話で盛り上がると、作業続行!
「明日、晴れないかな~???」
〝どんより空〟を見上げながら、かすかな望みを天に託す一同です。
(o^o^o)

もうすぐ〝シルバーフェスタ〟 舞台裏を覗いてみましたーッ!

 今週末の日曜日は、待ちに待った「シルバーフェスタ」です。

 今日は、企画運営を担当している普及啓発委員会の高野敬学委員長さんをはじめメンバー全員が事前打ち合わせ&準備をしました。

 毎年たくさんの子供さんたちでにぎわう〝キッズコーナー〟の景品選びや射的コーナーの〝的作り〟などなど・・・。

「たくさんの皆さんに来てもらいたいね~」

「このラムネ菓子、僕も欲しい~!」

その様子をカメラのレンズ越しに見ていて、ふと中学や高校の頃の文化祭を思い出しました。

「下準備もまた楽しそうやナ~~~(o^o^o)~~~」

本番まで残すところあと6日。

〝運転講習会(派遣労働者対象)〟を開催   11月6日~7日

 爽やかな秋晴れの下、昨日から安全運転講習会(県シルバー連合会主催)を開催しています。

 これは、スクールバス運転など、日ごろ派遣労働者として運転業務に就労中の会員を対象に実施しているものです。

 講習には、七尾自動車学校から専門の指導員が来て、オブジェシステムという検査装置を搭載したマイクロバスと普通車により行います。このオブジェシステムを導入しているのは、北陸3県でも七尾自動車学校だけという最新鋭の検査機器です。

 講習は、まず座学&適正チェック、その後で検査車に乗って走行し、〝運転技能の安全度チェック〟を受けます。

 初日の受講生は、全員合格でした。
 日ごろ大切な命を乗せて走るため、安全運転に対する講習は欠かせません。

剪定班の視察研修 ~能美市、立花造園~   11月2日(木)

 剪定技術の向上を目的に、坪田忠道剪定班長はじめ8名の剪定会員を乗せたマイクロバスは一路、能美市へ向かいました。
 研修先は、シルバー連合会の剪定講座や北陸中日文化センターの剪定講座の講師を務める立花武志先生の造園会社、(株)立花造園です。立花先生は、ここの会長さんです。...
・・・・・・・・
 午前中は先生の講義。ハサミ入れの基本や枝幹の正しい剪定位置等の内容でした。立花先生が繰り返し仰ったのは、「木のことを一番に考えること。お客様の都合や会員の都合に合わせて剪定時期を決めると、最悪の場合に木が枯れてしまう。」 肝に銘じなければなりません。

 そして午後は、先生の会社の庭木育種場で実技講習でした。 
 今回の参加者は大変熱心で、当初は講習会を早めに切り上げて、兼六園の雪吊り作業を見学する予定でした。

 ところが、実技講習終わり近くになって、「もっと松剪定の実習を受けたい!」との声が出て、急きょ予定を変更し、時間延長となりました。これまでに桂離宮や永平寺などの剪定も手掛けた経験のある立花先生の剪定技術を、ここぞとばかりに吸収しようと熱のこもった研修会でした。(o^o^o)
 帰りには、立花先生の会社で作っている土壌改良剤〝元樹くん〟と先生の農園で無農薬栽培している柿をお土産にいただきましたーッ!

「どこにハサミを入れたらよいか?」・・・択一問題に挑戦中!
ブルーベリーを教材にして、剪定の実地研修。「どこにハサミを入れたらよいかな~?」
立花先生が考案した土壌改良剤〝元樹くん〟は、全国各地に愛用者がいます。
立花先生の模範剪定に、熱心に耳を傾ける受講生。
最後に先生の会社前で記念撮影。前列の右から2番目が立花武志先生です。「先生、お世話になりましたーッ!」

学校給食に”新鮮キャベツ”をお納めしましたーッ!  3日連続!

 シルバーeco農園班の会員が大事に育てたキャベツが立派に成長し、昨日(10/30)から3日連続で小中学校の給食に出されています。

 栄養士さんはじめスタッフの皆さんが、美味しく調理してくださっています。

 献立は? うっかり聞き忘れてしまいましたー (^_^;)


 キャベツには胃腸の粘膜の新陳代謝を活発にするビタミンUをはじめ、かぜの予防、疲労回復、肌荒れの解消に効果的なビタミンCも豊富! キャベツを2~3枚を生で食べれば、1日の必要量の50%以上がとれてしまいます。

 ”食欲の秋”まっただ中ですが、「たっぷり食べて、運動に、勉強に励んでねー!」(シルバーeco農園班の会員一同)


 写真は、収穫したての〝新鮮キャベツ〟を学校給食共同調理場に納品に来た川浪和雄さん(露地栽培担当のグループ長さん)です。

 夫婦そろってeco農園班で活動しています。 o(^o^)o

10月は普及啓発月間~ボランティア活動を実施~ 10月27日(金)

 毎年10月は、全国一斉の「シルバー人材センター事業普及啓発促進月間」です。

 日ごろお世話になっている地域社会への恩返し、シルバー事業のPR、そして新しい仲間を増やしたい!!!

・・・・・・・・・・・・・・・ 

 今年は、10月27日(金)に実施しました。

 場所は、この7月にオープンしたばかりの〝道の駅のと千里浜〟です。開業当初からたくさんの来場者で賑わっていますが、先日、テレビ朝日の人気番組〝スマステーション〟で全国に放送されたこともあって、ウィークデーでもたくさんの来場者でにぎわっています。

 このボランティア作業、実は、当初は2日前に予定していましたが、台風接近の影響で延期となっていました。

 当日は台風一過のさわやかな朝でしたが、前夜までの暴風の影響で、駐車場は松葉だらけ!

 44名の参加者は、草むしりグループ、掃き掃除グループ、草刈りグループに分かれて手際よく作業を進めていきました。

 約1時間ほどの作業を終えて、松葉や落ち葉で汚れていた駐車場はきれいになり、花壇や林に生えていた雑草も刈り取られてきれいになりました。

 道の駅の野間駅長さんにも喜んでいただいて、任務完了しましたーッ!

台風一過! ”草取り姉妹〟大活躍でーすッ! 10月24日(火)

先週の台風通過により、シルバーの剪定班や草刈り班は、数日間、屋外作業ができませんでしたが、天気も回復し、市内あちこちで屋外作業が再開されました。
・・・・・・・・・・
次場町の水道施設では、除草グループ3名が草むしりしていました。
篠田玲さん、國田フミ子さん、坂野妃三代さんは、大の仲良し!
仕事も丁寧で、除草シーズンには大忙しです。
リーダーの篠田さんは、当センターの女性会員中、最高齢。
87歳とは思えないほどの機敏な動きと元気な声!
愛車の軽トラックを駆って、仕事に出かけます。
「元気の秘密はなんけー?」
「くよくよせんと働くことやわいねー」
さすがやねー O(^O^)O